HomeCVR改善対策TipsShopifyストアクリスマスセールでのECサイト準備と販売戦略

クリスマスセールでのECサイト準備と販売戦略

セール前にチェック!クリスマスセール商戦で目標を達成するためのノウハウ

クリスマスセールのECサイト準備と販売戦略1

年末のセールシーズンはハロウィンの時期に幕開け。その後はブラックフライデー・サイバーマンデーを経て、年間でも最大級の大型イベントとなるクリスマス、そして年末年始のセールが待ち構えています。

時流からオンラインで商品購入を行う人の割合が多くなった現在、ECサイトでは多くの集客を見込むことができます。クリスマスの大型セールで運営サイトのトラフィックをコンバージョンへと変換し、顧客の購買を促進するにあたっては事前の準備が必須。またセール準備に際して見直すべき点は意外にも数多く、サイトSEOやポップアップの最適化などひとつひとつの事柄を確認しながら確実に進めたいところです。

この記事では、高いコンバージョン率と売上が期待できるクリスマスセールで見直したいポイントや、確認すべき事項についてご紹介していきます。

クリスマスセール全体の売上

クリスマス商戦では、毎年大きな経済効果が生み出されています。特にここ数年におけるクリスマスセールは大盛況となっており、毎年の消費者による消費は増加傾向にあります。2021年アメリカのホリデーシーズンにおける総売り上げは2045億ドル(約29兆円に達しており、国内のクリスマスシーズンにおける総売り上げは7000億円から1兆円規模と言われています。これは越境EC、または国内ECを行う人にとっては見逃せない数字です。

加えてモバイル端末からの商品閲覧や商品購入も約50%近くにのぼることから、クリスマスセールの準備ではこの点も考慮すべきでしょう。

 関連記事:”クリスマス”で使えるポップアップバナーのデザイン事例

今年のクリスマスはコンバージョンを最大化!
セール前に行う準備をチェック

今年のクリスマスセールでコンバージョン・売上を獲得するにあたり、クリスマスセールの基本準備と計画、そしてECサイトのテクニカルな部分での見直しイベントを盛り上げるためのプロモーションの準備の3つに分けてそれぞれの準備ポイントをお伝えしていきます。

① 「クリスマスセール」の基本準備と計画

クリスマスセールのECサイト準備と販売戦略4

クリスマスセールのスケージュールとキャンペーン 内容を決める

セール開催でまず決定しておきたいのは、セールを開催する日程です。参考までに、一般的にクリスマスセールは一般的に12月初旬から12月25日または26日までの間で行われます。12月●日 ●●:●●~12月●日 ●●:●●といった形で日時を設定し、取り扱う商品のうちどれをセール価格で販売するかなど、セール内容を策定します。セール開催期間をポップアップ等のカウントダウンを活用して時間単位でユーザーに知らせることが出来ればベストでしょう。

また、セール期間中にどのようなキャンペーンを実施するのかについても考慮しておきましょう。多くのユーザーが期待している割引や送料無料オプションに加えて、クーポンコードの発行、事前にメールを登録したユーザーへの特別割引やバンドルディールなど、取り扱う商材に合わせてさまざまなキャンペーンが考えられ、またこれらはコンバージョンや売上に大きなインパクトを与えます。

策定したキャンペーン内容を、以下にご紹介するプロモーション方法を使って大々的にアピールしましょう。

 

ECサイトにクリスマスデザインを取り入れる

Webサイトの利用ではユーザーの視覚に訴えかけることが基本戦略と考えられます。しかし実際には多くのECサイトでサイトデザインを配慮しない傾向があります。ECサイトでクリスマスセールを開催するにあたっては、サイトにクリスマスデザインを取り入れましょう。

クリスマスデザインを取り入れればセールの雰囲気を演出することができ、より多くのユーザーのエンゲージメントが期待できます。フリー素材はバナー等を使って、ユーザーがクリスマスシーズンを体験できるECサイトに変化させましょう。

 

バナー素材おすすめサイト37選 (フリー・有料) トップ画像

関連記事

ポップアップバナー作成で悩ましい素材集め。Promolayerおすすめの使えるバナー素材(フリー・有料)を一挙にご紹介します!

Promolayer.io

② 「クリスマスセール」ECサイトの見直し

クリスマスセールのECサイト準備と販売戦略2

ECサイトのデザインや設計を見直す

ECサイトは、ユーザーがサイトに訪れてからコンバージョンに至るまでの流れをユーザー目線で捉えて設計することが大切です。第三者の協力のもと、運営するサイトがユーザーにとって回遊しやすいか、また決済のプロセスはスムーズかなどを確認しましょう。

また、加えてECサイトのカゴ落ちや離脱の原因についても再確認し、参考にしましょう。

ECサイトの表示スピードを見直す

運営するECサイトに訪れるユーザーの快適な回遊や商品購入を考えると、サイト自体の表示スピードは見直すべき重要事項であることがわかります。通常、ShopifyやWixといったECサイトはサイト表示速度が最適化されており、デフォルトで非常に早い表示スピードを誇ります。

しかし、サイト上で使用するプラグインなどのサードパーティ製アプリが最適化されていない場合、パフォーマンスが低下してしまうケースも珍しくはありません。その理由はアプリのデータ転送量やイメージのサイズ、対応する圧縮形式、フォントサイズなどに起因します。

サイト表示スピードはSEOやコンバージョン、売上に大きく影響するため、必ず見直すようにしましょう。

 

SEOポップアップのパフォーマンス

関連記事

サードパーティ製アプリは、モノ次第でSEOに影響大。有名ポップアップツールの表示速度やロードサイズ・時間などを徹底検証!

Promolayer.io

カゴ落ちやサイト離脱の防止対策を行う

多くのトラフィックが期待できるクリスマスセール。回遊のみを目的とするユーザーは別として、ユーザーは特定の理由でサイト離脱やかご落ち離脱に至ってしまいます。特にコンバージョン直前で起こるカゴ落ちの離脱率は各リサーチから約70%程度と言われており、離脱するユーザーをいかに説得するかが目標達成に大きく影響すると考えられます。

カゴ落ちやサイト離脱の防止策としてはポップアップによる割引・送料無料案内やゲーミフィケーション効果を狙ったクーポンルーレット、または決済手続きやサイト設計の見直しなどが効果的です。以下リンクからサイト離脱理由を確認し、クリスマスシーズンのユーザーのサイト離脱を防止しましょう。

 

回遊率改善 トップ画像

関連記事

ECサイト運営者の共通課題といえば、カゴ落ち離脱ではないでしょうか。機会損失を防ぐために、基本と対策を確認しましょう。

Promolayer.io

ECサイトをモバイルフレンドリーにする

モバイル端末の利用率は、日本のみならず世界でも増加し続けています。また、2021年アメリカのクリスマスシーズンではモバイル端末を通した商品購入は全体の約43%。クリスマスイヴとクリスマス当日に至っては約50%を超えています。

ECサイトでは改めてモバイルフレンドリーを意識するだけでなく、ポップアップツール等もモバイル端末対応なのかを確認し、加えて運営するECサイトが古い端末やタブレット等の各種デバイスから正常に表示されることをチェックしておきましょう。

③ 「クリスマスセール」プロモーション準備

クリスマスセールのECサイト準備と販売戦略5

メールリストの活用

運営するECサイトの顧客管理リストやメールリストをすでに構築している場合は、メールチェーンを活用して事前にクリスマスセールのプロモーションを行いましょう。近年、世界では毎年約3%の割合でEメールの利用割合が増加傾向にあり、また多くの人が複数のアドレスを使用。実に約99%の人々が1日に2~3回メールチェックを行っているという、非常に常用性の高いコミュニケーションツールです。また国内においても同様、SNSを上回る活用率となっています。

メールチェーンを活用することで効果的なプロモーションに繋がり、トラフィック増が期待できます。なお、メールリストをこれから構築するという場合は、クリスマスセールを契機にリスト構築を行いましょう。


Web接客事例 導入のポイント

関連記事

ポップアップで効率よくメールリストを構築することで、安定したコンバージョンを得ることができます。リスト構築の知識と事例をチェック!

Promolayer.io

SNSの活用

2020年時点で世界人口の約51%、日本国内の約80%の普及率となっているSNSは、メールリストと同様にクリスマスセールのプロモーションに活用できる手段です。SNSにはInstagramやfacebook、Twitte、Line、Tiktokなどさまざまなものがありますが、年齢層で狙いを定めて使い分けるのもひとつの考え方です。最もトラフィックが上がりやすい時間帯を利用し、アイキャッチな画像・動画を駆使してクリスマスセールの告知を行いましょう。

 

ポップアップの活用

クリスマスセールは、ポップアップを活用すればECサイト上でもユーザーに告知することが可能です。クリスマスをイメージしたデザインのポップアップを作成すれば、サイトに訪問したユーザー全員に告知を行うことができます。

また、例えばカウントダウンタイマー機能で「クリスマスセール開催まであと〇日」といった表示を行い、加えてメールアドレスを記入するフォームとセールキャンペーン用の割引クーポンコード提供を同時に行えば、セールへの誘導とメールリスト構築を同時に行うことが出来ます。

使い方次第で多様なプロモーションを可能にするポップアップを活用しましょう.

 

バナー素材おすすめサイトトップ画像

関連記事

ポップアップバナーを効果的に活用するには表示する内容とタイミング、そしてデザインが大切。種類や活用事例を知り、コンバージョン率向上に役立てましょう。

Promolayer.io

「クリスマスセール」販売戦略のポイント

クリスマスセールのECサイト準備と販売戦略3

クリスマスのおすすめ商品をクローズアップ

クリスマスセール開催時には、運営するECサイトでおすすめしたいお得な商品をユーザーに分かりやすく提示するのが得策です。また、訪れるユーザー全員に見てもらえることも考慮します。

おすすめ商品をクローズアップしてサイト上に表示するにあたっては、ページのファーストビューに商品画像を網羅したり、またポップアップを使っておすすめ商品を表示できれば分かりやすいでしょう。価格や商品の特徴なども合わせて表示し、ユーザーにクリスマスのスペシャルオファーをアピールしましょう。

ディスカウント&送料無料をオファー

セール時に欠かせない商品のディスカウント。クリスマスの特別割引としてメールアドレス登録で手に入れられる割引クーポンを提供するという手段もあります。

また、期待度の高い送料無料オプションもただ提供するというだけでなく、メールアドレス登録などの条件を設けます。ポップアップのフォームを利用すれば、ユーザーのメールアドレス入力と引き換えにクーポンコードや送料無料を提供すれば、同時に顧客メールリストの構築が可能になります。

カウントダウンを有効的に活用する

セール開始までの日数や、セール終了までの日時をユーザーに知らせるカウントダウンは、ユーザーのFOMO(取り残されることへの不安)を誘発し、よりユーザーのエンゲージメント率を高めるのに役立ちます。

またカウントダウンは期間限定の割引クーポンの有効期限を示すなど、さまざまな使い方が可能です。ポップアップバナーのカウントダウン機能を活用しましょう。

クリスマス用のギフトラッピングを提供する

クリスマスシーズンの特別感を演出する包装紙で包まれたプレゼントボックスは、世代を問わず人々をワクワクさせます。クリスマスシーズンに買い物をする顧客の満足度を高めるポイントのとして、ギフトラッピングの提供も考慮してみましょう。

ギフトラッピングをサービスとして提供することで、ユーザーが改めてクリスマス用のギフトラッピングを行う必要がなくなり、商品を購入してくれたユーザーの時間をセーブすることができます。また、ユーザーが希望するメッセージを添えられるような工夫を行えば、ユーザーにとってはさらに自身のECサイトで商品を購入する価値が高まります。

 

配送について明確なアウトラインを表示する

クリスマスセールでは、家族や恋人、友人へのクリスマスギフトしての商品購入も多いことから、クリスマス前に商品を手元に届けたいというユーザーも少なくはありません。クリスマス当日の24日・25日までに商品を手元に届けるには、いつまでに注文すればよいのかについて案内できればより親切です。

国内・海外と配送先はさまざまですが、事前に案内ができるようにリサーチを行い、日数に余裕を持った案内ができるように心がけるようにしましょう。

クリスマスギフトのセット販売を行う

商品のセット販売は、クリスマスセールで売り上げを伸ばすひとつの手段です。例えば同じ商品を2個購入する場合は、2つ目は半額、もしくは無料といったディールもよく使われています。その他、類似商品をセットで購入することで割引を適用するなど。取り扱う商品からどのようなセット販売が行えるかについて考慮してみましょう。

アップセル・クロスセルで商品を販売

アップセル・クロスセルによる買い合わせは、売上をブーストする販売手法です。類似商品や、購入する商品に関連する商品、または購入する商品の上位商品をお勧めする事でコンバージョン率アップを目指します。

例えばクッションを購入するユーザーにはクッションカバーを案内、またはマフラーなどのクリスマスギフトなら一緒に手袋やニット帽の購入をおすすめするなど。アップセルやクロスセルはポップアップを活用すればスムーズな案内が可能です。

今年のクリスマスセールは準備万端で目標達成

今年もやってくるクリスマスセール。今年のクリスマスシーズンから年末にかけては、インフレーションや時勢に限らず世界的に大きな経済効果が見込まれています。ECサイトでも多くのトラフィックが期待できるため、訪れたユーザーに満足のいく買い物を行ってもらい、顧客満足をコンバージョンへと変換したいところです。今年のクリスマスセールは準備万端で挑みましょう。