HomeCVR改善対策Tipsかご落ち対策「ポップアップバナー」とは?導入のメリットや種類や活用事例をチェック

「ポップアップバナー」とは?導入のメリットや種類や活用事例をチェック

種類が豊富な
ポップアップバナー

ポップアップバナー活用事例 メール トップ画像

街の中を歩いていると見かける”歳末セール”の宣伝や”新商品”の宣伝、”パート・アルバイト募集”といったのぼり広告。こういった「バナー広告」のバリエーションは昔に増して遥かに種類が豊富となっており、色使いやサイズ、形状に工夫が加えられ、さらに人目を引く広告へと進化を遂げています。

これと同じようにECサイトやアフィリエイトサイトなどにおいて新商品の宣伝や販売促進、その他顧客への情報告知のために活用されている「バナー」もまた大きく進歩しています。

この記事ではポップアップバナー」とは何なのか、ポップアップバナーの種類や活用できるウェブサイトの種類とメリット、ポップアップバナーの活用例についてご紹介します。

 

「ポップアップバナー」とは何か?

ウェブサイトにおいて、種類の多さと呼び名の違いから区別が難しい側面もあるバナー広告。「ポップアップバナー」”ポップアップ広告”とも呼ばれ、サイトを閲覧してる最中に画面の前面や上下左右に突如として現れるバナー広告のことを指しています。

サイトのユーザーから見ればランダムなタイミングで表示されているように感じるポップアップバナー。

しかし、実際にはユーザーがお得な情報や告知といったサイト側が伝えたい情報をキャッチできるよう計画的に出現位置やタイミングが設定されており、サイト運営側にとっては情報を伝える以外にもユーザーのサイト離脱防止ユーザーエクスペリエンスを向上させるという目的も果たします。

 

Webサイトのジャンルを問わず活用できる「ポップアップバナー」

ウェブ広告が活用できる場といえば、まず思い浮かぶのはECサイトなどのオンラインショップではないでしょうか。しかしながら、ポップアップバナーはECサイトのコンバージョン率を向上させるのに役立つのはもちろん、その他色々なジャンルのウェブサイトでも効果的な活用が可能です。資料のダウンロードなどを適切なタイミングでユーザーに促すのにも役立ちます。

 

「ポップアップバナー」のメリット

ポップアップバナー活用事例 タブレットを持つ手

サイト運営でポップアップバナーを利用するメリットを以下にまとめてご紹介します。

 

ユーザーのページ閲覧を邪魔しない

サイトに設置するウェブ広告の中には、ユーザーのサイト閲覧を邪魔してしまう広告も存在しています。このような広告表示には多くのユーザーが不快感を示しており、不適切な広告表示はサイト離脱や成果率低下にも繋がりかねません。

その点、ポップアップバナーは表示位置表示のタイミングを計って表示することができ、ユーザーのページ閲覧を邪魔しない広告表示を行うことで販売促進、コンバージョン率の向上が見込めるというメリットがあります。

 

サイトデザインを崩さない

ウェブサイトのデザインは見た目が良いというだけでなく、内容が理解しやすいことや操作性が高いことも要素として含んでおり、これを邪魔してしまう広告表示を採用するのはあまり良い策とは言えないでしょう。

一方で種類とバリエーションが豊富なポップアップバナーは、ウェブサイトの作りに合わせたサイズとデザインの広告を作成する事が可能です。サイトデザインの邪魔にならないというだけでなく、見やすくて分かりやすいサイトデザインに溶け込むように表示できるのも、ポップアップバナーの利点と言えるでしょう。

 

比較的重要ではない情報も表示できる

例えばECサイトのマーケティング施策では、ユーザーが以前購入した商品と類似した商品を新たに提案したり、また新商品の提案、追加購入を促すなど、比較的重要ではないもののユーザーに伝えたい情報もあります。

そうした情報を画面上に表示するにあたって最適なのが、ポップアップバナーです。買い物途中やサイト閲覧途中のユーザーに対し、画面の右端や上下のちょっとしたスペースに伝えたい情報を表示できるのもポップアップバナーが持つメリットの一つです。

 

ポップアップバナーの種類

運営サイトでさまざまに活用することが可能なポップアップバナーは、大きく分けて4つの種類に分類できます。

 

ライトボックス

ライトボックス サンプル

サイト運営者からユーザーへ優先して伝えたいこと、またはメールアドレスなどの情報入力といったユーザー側からのアクションが欲しい時に使えるのが「ライトボックス」です。

「ライトボックス」は閲覧しているサイトの画面全体を薄暗くして非アクティブにした上で、最前面にアクティブウィンドウとして表示されるポップアップバナーです。

また、モーダル(優先して操作が必要な子ウィンドウ)としての役割がありますユーザーがサイトを離脱するタイミングで割引クーポンを表示して離脱を防止したり、またメールアドレスの入力や会員登録等を促す際に有効利用できます。

 

スライドイン

スライドインサンプル

マーケティング施策として多くのECサイトで採用されているポップアップバナーですが、不適切な表示位置や表示数の多さでユーザーを苛立たせ、サイト閲覧を邪魔してしまえば再びサイトに訪問してもらうのは難しくなるでしょう。

そんな事態を回避して伝えたい事を伝えられるのが「スライドイン」です。「スライドイン」は、画面の右下や端に滑り込むように表示できるポップアップバナー。モーダルとしての機能は無いため、ユーザーはスライドインが表示されてもサイト閲覧を邪魔することなくスムーズなサイト閲覧が可能となります。

 

フルスクリーン

フルスクリーンサンプル

サイト運営では営業時間の変更やイベント中止のお知らせなど、ユーザーに必ず伝えなければならない情報も発生します。最優先で伝えたいことを最優先でユーザーに確認してもらえるのが「フルスクリーン」のポップアップバナーです。

ポップアップバナーのラインナップの中で最もインパクトが強い「フルスクリーン」はその名の通り広告を全画面で表示し、情報伝達に限らずサイトの離脱防止策としても活用が可能です。サイト画面を完全に覆い隠して情報を表示するため、適切なタイミングや用途で活用するのが得策でしょう。

 

フローティングバー

フローティングバーサンプル

ユーザーのサイト閲覧を邪魔することなく広告表示できるポップアップバナーには、「フローティングバー」もあります。画面端の上下にバー状に表示される「フローティングバー」であれば、ユーザーのコラムや画像の閲覧を邪魔することなく広告表示が可能です。

特別セール終了までのカウントダウンを表示したり、各種キャンペーンの開催の告知を行うことで、平均注文金額を向上させるアップセル・クロスセルといったマーケティング施策にも活用する事ができます。

 

用途さまざまな「ポップアップバナー」の活用事例

オンラインのマーケティング施策に活用できるポップアップバナーですが、実際のところさまざまなシーンでの活用が可能となっています。ポップアップデザインを創意工夫することで営業時間や店舗の変更事項のお知らせ、コンバージョン率向上や売上高の向上に役立てられるポップアップバナーの事例やサンプルを以下にご紹介します。

 

コンバージョン率(CVR)を向上させる

ポップアップバナー活用事例 ディスカウント事例

                                                                                                                                           https://www.gaiam.com

ポップアップバナーを使ってコンバージョン率を向上させる施策のひとつに、ユーザーがサイトに訪れた後にクーポンコード商品割引などのお得な情報を提示する方法があります。

ユーザーがサイトを訪れた最初の段階でお得に買い物ができる情報を提案することで、初頭効果によって印象に残りやすくなり、クリック率向上コンバージョン率向上が期待できます。

 

アップセル・クロスセル施策(買い合わせ)

ポップアップバナー活用事例 スライドインクロスセル

マーケティングにおけるアップセル・クロスセルにも応用できるポップアップバナー。

ユーザーにさらに上位の商品購入を検討してもらうしてアップセル、または類似商品や関連する商品の購入を検討してもらうクロスセルにポップアップバナーを活用すれば、ユーザーにスムーズで効果的な営業アプローチが可能となっています。

 

時間変更・臨時休業を知らせる

ポップアップバナー活用事例 休業案内

ポップアップバナーは、大切なお客様にストアやショップの営業時間変更臨時休業を通知する際にも便利です。お客様とストア側で時間の行き違いが起きないようにフルスクリーン、もしくは画面の最前面に出てくる通知のバナーを表示し、必ず知らせたい内容が確認できる位置にお知らせを表示しましょう。

 

 

ツアーやイベントの中止を告知する

ポップアップバナー活用事例 イベント中止

定期または不定期のイベントの重要な変更事項を知らせる際も、通知ポップアップバナーを使って確実に伝える事が可能です。

重要なお知らせとなるため、営業時間の変更などと同じくフルスクリーンかもしくは前面ポップアップバナーで表示します。また次回のイベント開催の日程なども表示できるため、必要事項やサイトのメインページへのリンクを含めて確実にお客様にお知らせしましょう。

 

カウントダウンによる時間的制限

ポップアップバナー活用事例 カウントダウンによる時間的制限

欲しかった物や受けたかったサービスが限定的で合った場合、ユーザーの心理として、商品数や時間など残り少ないものにはより注目が集まるという傾向があります。

お得な商品やサービスをユーザーに提案する際、ユーザーがサイトを閲覧中に確認できるフローティングバー等のポップアップバナーを活用し、カウントダウンによる時間制限を設ければ、ユーザーにその商品やサービスの希少性をアピールすることができます。

 

季節的バナーでデザインを自在に変更

ポップアップバナー活用事例 季節的バナーでデザインを自在に変更

運営サイトで新しい季節の到来を告げるポップアップバナーを活用すれば、サイトデザインにも華を添えます。

季節的なポップアップバナーは季節ごとに気軽にデザインを変えられるだけでなく、季節感をアピールする事で商品やサービスの販売に繋げることができます。カウントダウンタイマーや鮮やかな季節画像を駆使して、ユーザーの心をとらえましょう。

 

メリットを把握して適切な「ポップアップバナー」を設置する

実際に顔を合わせないWeb上での接客では、ユーザーにより明確で確実な情報を伝えることが求められます。

さらに視覚的な要素が強いサイト閲覧ですから、目立ちやすく注目が集まりやすい画面表示も大切になってきます。運営サイトの目的や特徴に合わせて無制限でカスタマイズできる「ポップアップバナー」は、マーケティング施策において便利に活用できるツールです。

ップアップバナーのメリットを把握し、サイト運営に役立てましょう。